忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鵺-鵺塚-

近衛天皇の仁平3年(1153)京の御所・紫辰殿に夜ごと「鵺(ぬえ)」という怪獣が現れ、帝を悩ませていました。侍臣の源三位頼政が矢で射落としたところ、この「鵺」は頭がサル、胴がタヌキ、四肢がトラ、尾がヘビの姿をしていました。
これを丸木船にのせて淀川に流したところ、当時湿地帯であったこの地に漂着しました。
祟(たた)りを恐れた村人たちは、土に埋めほこらを建てて「鵺塚」と呼び、ねんごろに祀ったと伝えられています。
現在の塚は、明治の初め大阪府が改修したもので、ほこらも昭和32年(1957)に地元の人々によって改修されました。
この「鵺」のデザインは大阪港の紋章として使用されています。

都島区役所前 鵺塚説明書きより
 
Nue.jpg

実は鵺塚と呼ばれる、流れ着いた鵺を埋めたとされる地は阪神間に2つあります。
この都島区のほか、兵庫県芦屋市にもあります。
伝承も「平家物語」「摂陽群談」「摂津名所図会」では芦屋の鵺塚の伝承をもとにしていると思われ、「芦分船」ではこの都島の鵺塚の伝承を基にしているようです。

さてこの都島の鵺塚ですが、前述の通り明治時代に大阪府が修復したのですが、その理由として語られるのが、明治時代に入って塚が取り壊されかけ、鵺の怨霊が近くに住む人々を悩ませ、慌てて塚が修復されたという話もあります。

nuezuka01.jpgこの鵺塚は商店街に程近い場所にありました。

nuezuka2.jpg近影

鵺塚の脇にこのようなものもありました。
nuezuka3.jpg大阪港の紋章とのことです。
説明書きを読むと、サポーターとして鵺を意匠化しているようです。
こちらの説明では、「頭はサル、胴はシシ、手足はトラ、声はトラツグミに似ていたといわれる」とされていました。
鵺の姿は記述により異なっているので、困ったものです。


鵺塚
場所:大阪府大阪市都島本通3-18

拍手[6回]

PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 
トラックバックURL
 

プロフィール

HN:
黒猫
性別:
男性
趣味:
自己紹介:
妖怪と酒を愛する一男一女の父。
昨今、文献漁りも行っているが、昔の人の書が達筆すぎて苦心中

 

最新コメント

[10/26 NONAME]
[05/06 yucca]
[04/05 ローズ]
[01/09 エッさん]
[11/15 黒猫]

 

ブログ内検索

 

カウンター

 

バーコード

 

アクセス解析