忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

芝右衛門狸、柴右衛門狸は、淡路島に伝わる化け狸。
佐渡島の団三郎狸、香川県の屋島の禿狸と並び、日本三名狸に数えられている。
江戸時代の奇談集『絵本百物語』にも記述がある

Shibaemontanuki.jpg


芝右衛門狸は淡路島の洲本市の裏山の三熊山の頂上に、妻のお増と共に住み、月夜にはよく陽気に腹鼓を打っていた。
人に化けて木の葉を金に見せかけて買物をするような悪戯も働いたが、その一方では酔って山中に迷い込んだ人間を案内したりと親切な行ないもしていたので、誰からも憎まれていなかった。
親切にされた人々は、彼らの住処に礼として一升徳利を収めた。
あるときに芝右衛門は浪速の中座で大人気の芝居があると聞き、お増と共に人間に化けて大阪へ渡った。
初めて踏む地である大阪を見物する内に2匹はすっかり陽気になり、化け比べをすることになった。
まずはお増が大名行列に化け、芝右衛門の前を通り過ぎた。
続いて芝右衛門が化かす番。お増の前を長い殿様行列が続いた。
お増が「うまいうまい」と声を上げて褒めたところ、たちまち行列の1人の武士に斬り殺された。
行列は芝右衛門ではなく本物だったのである。

悲嘆に暮れた芝右衛門は淡路へ帰ろうとしたが、せめて最後にお増も見たがっていた芝居を見ることにして、術で木の葉を金に変えて芝居小屋へ通うようになった。
しかし芝居小屋では毎日の入場料に木の葉が混ざっていることから、化け狸が客に紛れ込んでいると疑い、番犬を見張らせることにした。
芝居見物も今日を最後にして淡路へ帰ろうと、芝右衛門は小屋へやって来ると、大の苦手な犬がいた。
芝右衛門は恐怖心を隠しつつ入口を通り抜けたが、その安心した隙をついて犬が襲い掛かってきた。
たちまち芝右衛門は狸の姿に戻ってしまい、犬を連れた人々に追い回され、遂には頭を殴られて命を落とした。
淡路には大阪で化け狸が殺された噂が届き、芝右衛門の腹鼓が聞こえないことから、彼が殺されたとわかり、人々は口々に彼の死を惜しんだ。
さて芝右衛門の死後、中座では客の入りが悪くなり「芝右衛門を殺した祟りだ」と噂が立ったので、芝右衛門を芝居小屋に祀ったところ、また客足が良くなった。
以来、芝右衛門は人気の神として中村雁治郎、片岡仁左衛門、藤山寛美といった多くの役者たちに厚く信仰されてきた。

このような歴史のある中座ですが、松竹芸能の経営合理化により、平成11年(1999年)に、350年の歴史を誇った道頓堀の中座が閉鎖されることになりました。
が、その解体作業の矢先に、中座が爆発炎上するという、普通では起きえない事故が発生したのです。
この爆発自体、芝右衛門狸の怒りに触れたのだという噂が、まことしやかに語られたのはいうまでもありません。
解体に先立ち、中座に祀られていた芝右衛門狸は生國魂神社の摂社のひとつである源九郎稲荷神社に合祀されています。

そして、中座のあった場所には飲食店が入ったビル「セラヴィスクエア中座」が建ち、かつて中座に祀られていた「芝右衛門狸大明神」が同ビルの4階に移されました。
その後「柴右衛門大明神」は2000年に「里帰り」し、現在は洲本八幡神社に祀られているとのこと。
2009年7月に「セラヴィスクエア中座」も、「中座くいだおれビル」へと変わってしまいました。

黒猫が訪ねた時には、当然のことながら既に昔日の面影はありませんでした。
道頓堀の賑わいの中で、この建物にこんな由来があることを知る人も少なくなっていくのでしょうね。

nakaza.jpg


<<関連エントリー>>
芝右衛門狸-生國魂神社-

中座くいだおれビル
場所:大阪市中央区道頓堀1-7-21
公式HP

拍手[2回]

PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 
トラックバックURL
 

プロフィール

HN:
黒猫
性別:
男性
趣味:
自己紹介:
妖怪と酒を愛する一男一女の父。
昨今、文献漁りも行っているが、昔の人の書が達筆すぎて苦心中

 

最新コメント

[10/26 NONAME]
[05/06 yucca]
[04/05 ローズ]
[01/09 エッさん]
[11/15 黒猫]

 

ブログ内検索

 

カウンター

 

バーコード

 

アクセス解析