忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


大東市に残されている廃神社
かつて臍の緒を祀る宗教団体があったらしい。


拍手[5回]

PR

つづきはこちら

竜-龍間寺跡-

民話「落ちてきた竜」の伝承地、その三箇所目、龍間寺跡を紹介いたします。

Tatumaji15.jpg
 

拍手[2回]

つづきはこちら

竜-龍光寺-

民話「落ちてきた竜」の伝承地、その二箇所目、龍光寺跡を紹介いたします。

Ryuukouji01.jpg
 

拍手[1回]

つづきはこちら

大蛇-勿入渕跡-

平成の現在、大東市を北東から西にかけて寝屋川が横切っていますが、かつては大東市の西側、諸福のあたりに「勿入の淵(或いは、内助の淵)」という有名な大きな淵がありました。
この淵は、諸福村(現:大東市諸福)から長田村(東大阪市長田)まであったと伝えられ、淵というよりも池という方が相応しいような規模のものだったようです。
実際、江戸時代、貝原益軒は『南遊紀行』の中で以下のように描写しています。

内助が淵は大池なり。ふかうの池の西南にあたり、ふかうの池とは別也。方八町ばかり有。蓮多く、魚多し。三ケより漁人行て採る。又其邊にも、漁家少あり。是又山根の大道には少しへだゝれり

江戸期に一度大きな治水事業があり、また近代に入り再度治水事業がすすめられ、現在はかつて淵のあった近辺に勿入渕碑があるだけですが、「河内名所図会」にも、

勿入渕 諸福村にあり土人内助の淵と呼ぶ

と、記述される程、名所としても知られていました。
他、古くは清少納言の「枕草子」の中でこの淵について触れているくだりもあります。
この淵には、いくつか淵の主に関する民話が残されています。
 

nariisonofuchi04.jpg


 

拍手[2回]

つづきはこちら

ガタロウ-中の池-

「民話から見えた ふるさと大東」に「中池のガタロウ」という話が載せられています。

kappa.jpg

拍手[10回]

つづきはこちら

プロフィール

HN:
黒猫
性別:
男性
趣味:
自己紹介:
妖怪と酒を愛する一男一女の父。
昨今、文献漁りも行っているが、昔の人の書が達筆すぎて苦心中

 

最新コメント

[10/26 NONAME]
[05/06 yucca]
[04/05 ローズ]
[01/09 エッさん]
[11/15 黒猫]

 

ブログ内検索

 

カウンター

 

バーコード

 

アクセス解析