忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

猪名川・五月山一帯に伝わるという九頭竜伝承地を巡っての2箇所目(空振りに終わった余野を含めると三箇所目)は、兵庫県川西市東多田にある九頭の社の紹介です。

kuzudaimyoujin04.jpg


この伝承地は兵庫県とはいっても、大阪府の眼と鼻の先です。
このあたりで兵庫県と大阪府の県境が入り組んでいるので兵庫県となっています。

猪名川・五月山一帯に伝わるという九頭竜伝承については、

九頭竜-九頭竜権現社-

を参照して下さい。
ただし、今回の訪問で分かったのですが、wikipediaでは

・九頭神社 - 兵庫県川西市東多田2(住宅街の外れ)

とされていますが、現地の額には「九頭大明神」、現地案内板には「九頭の社」、GoogleMapには「九頭大名社」と表記がバラバラです。
このブログでは、現地案内板の「九頭の社」で統一させていただきます。

kuzudaimyoujin01.jpg
今回は前の二箇所とは異なり、地図にも載っていましたので直ぐに辿り着けました。
住宅地の外れにあります。

kuzudaimyoujin02.jpg kuzudaimyoujin03.jpg
現地案内板

九頭の社の由来

 清和源氏の祖 源満仲公が天禄元年(九七0)摂津の国守に任ぜられたとき、住吉大神のお告げによって矢を放ちました。矢は、五月山の西北にある河水をたたえた湖に光を放って落ちその湖の主として住む雌雄二頭の竜の内一頭に当たりました。一頭はこの地で死に一頭は山を突破り、湖水は鼓を打つような音をたてて滝となって流れ出ました。湖水の水はひき多くの田畑が出来ました。村人等は九頭竜のお陰で田畑のひらかれたのを感謝し九頭明神とあがめおまつりしたのがこのお社です。
 ご神体の御霊は、九つの霊石をお祀りして首から上の病にきく神として信仰され頭痛、歯痛、眼の病等の平癒にきくと伝えられ最近は人知れずこっそりと頭のよくなるようにと祈る若者たちのおまいりが多いようです。
  九頭龍の、ありがたや願いをここに
         神の霊験あらたなりけり
読人不知


 突破って逃げた一頭は小戸神社の境内に白竜社としてまつられています。また対岸の部落は矢問といいますが源満仲公の放たれた矢を問いながら訪ねてこられたので矢問と名付けられました。
福本賀弘記

kuzudaimyoujin04.jpg
 kuzudaimyoujin05.jpg
社のアップ

伝承にある湖は既に残っていません。
ただ最寄り駅である能勢電鉄妙見線鼓滝駅や一つ北側の多田駅の東側には池が点在しており、これらは湖の名残なのかもしれません。

地図上で確認できる、この九頭の社に最も近い池が古池というようですが、折角ですので足を運んでみました。

が…

kuzudaimyoujin06.jpg kuzudaimyoujin07.jpg
タッチの差で埋め立てられ、宅地造成されてしまったようです。
この地蔵堂が池の名残なのでしょうか。少し残念。


<<関連エントリー>>
九頭竜-九頭竜権現社-
九頭竜-兵庫県川西市・小戸神社 末社-
九頭竜-九頭竜神社-
九頭竜-兵庫県尼崎市・久々知須佐男神社-

九頭の社
場所:兵庫県川西市東多田2


より大きな地図で 黒猫による大阪府妖怪・伝承地地図 を表示

拍手[5回]

PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

無題

  • posted at:2011-11-23 23:02
  • written by:字宮ノ前
はじめまして。
30年前まで、このあたりに住んでいました。
昔、遊び場だった九頭神社が懐かしく、色々と調べているうちにこのサイトに辿り着きました。

当時は神社の周りは田んぼと草が生い茂る原っぱで、子供だった私の絶好の遊び場でした。

人生で初めて見た白蛇もこの神社でしたよ。

しかしこの辺りも変わりましたね・・・

ようこそお越し下さいました

  • posted at:2011-11-25 09:51
  • written by:黒猫
30年前であればずいぶん様変わりしていることでしょう。
昭和の頃でもこの付近は田んぼが広がっているような土地であったのですね。
しかし、白蛇を見た事があるとは羨ましいです。
残念ながら、野生の白蛇は私は見たことがないもので…

それでも、蛇自体は良く見かけていたのでまだ幸せなのかも知れません。
私の子供(娘:9才)はこの夏一緒に山際を歩いていて、「いま蛇が居たね」と云うと、見てなかった、お父さんだけ蛇を見てズルイ、加えて、今まで蛇を見た事がないので見てみたかった、と言われた時にショックを受けました。
確かに開発が進むのは已むを得ない事でしょうが、そういったものは、どんどん見る機会が減っていきますからね…

プロフィール

HN:
黒猫
性別:
男性
趣味:
自己紹介:
妖怪と酒を愛する一男一女の父。
昨今、文献漁りも行っているが、昔の人の書が達筆すぎて苦心中

 

最新コメント

[10/26 NONAME]
[05/06 yucca]
[04/05 ローズ]
[01/09 エッさん]
[11/15 黒猫]

 

ブログ内検索

 

カウンター

 

バーコード

 

アクセス解析