忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日、午前中は息子が通う保育園のバザーがあり、息子を保育に預けに行ったり、娘をバザーに連れて行ったり、息子を迎えに行ったりと、なんやかやしつつ、昼から会場へ。
楽しみにしていた、講座を拝聴してまいりました。

講座を受ける前は、いいかげんオヤジと呼ばれる年頃なので、周りが若い人ばかりだったらどうしよう、などと考えてもいましたが、受講者を見回してみて一安心。
確かに若い方が多かったのですが、私と同年代の方もチラホラ。中にはご夫婦と思しき方々も聴講されていらっしゃいました。
人数は3、40人程だったのでしょうか?

で、講座ですが、作家の化野燐が中心になって話されながら、榎村寛之先生が随時補足されながら進められていきました。
今回は水辺のお化けということで、河童などのお話がよく出ていましたが、個人的には馬や牛関連の祭祀から水辺のお化けの元になって言ったのでは、という説についてのお話が非常に興味深かったです。
河童は水辺のお化けの代表格ですので、私も以前からいろいろ論文や書物も読みましたし、本日の講義内容で触れられたあたりは何とか理解していた範囲だったのですが、牛鬼や水辺の馬の怪異は正直なところ勉強不足だったところですので。

西宮市にも高座岩で馬を贄に捧げる話が残っていることは知っていたのですが、その意味するところや他の地域との比較なんて、まだまだ手の及ぶ範囲外でした。
その地域には河童の伝承も残っていますので、今の目線で伝承・郷土史をもう一度読んで見ると面白い見方が出来るやも知れません。この世界は奥が深いと思い知らされました。
同時に、大阪府には随所に牛と水に絡む血なまぐさい伝承があるのは確認しておりましたが、解釈の切り口に悩んでいたところでしたので、これまた楽しみが増えてきています。

講座の最後にはそういった日本の水のお化けとネッシーの関連性について、先生のちょっとした閃きに近い解釈も披露されていました。
これについては…少し判断保留。私は向うの習俗についてあまりに知識が乏しいので、再度今日の話を心に留めつつ「金枝篇」でも読んでみるようにいたします。

先生方、本日はどうもありがとうございました。
また機会があれば聴講に行かせていただきたいと思います。

拍手[1回]

PR
平成23年7月2日になんばパークス内 産経大学カルチャーセンターで行われる、「第4回 特別妖怪講座 水辺のお化け」に申し込んでみました。

こんなブログを開いているにもかかわらず、このような講座を拝聴させていただくのは実は初めてなのです。

妖怪・お化けの話は子供の頃から好きだったのですが、本格的に調べだしたのは自分に子供ができてから、その子供たちに地元のお化けの話を聞かせてあげようというのが切欠だったもので、このような機会が今までなかったのです。

私のお化けの知識は大阪周辺に特化されていますので、全国的に見て「水辺のお化け」がどのような位置づけなのか非常に興味があり講座をとても楽しみにしています。

少し予習しておかないといけないかな。


第4回 特別妖怪講座 水辺のお化け

お化け大学校も提携との事

拍手[1回]

復旧に向けて関係者各位が努力を続けておられるところですね。

現在、の状況を整理すると

中央管制室に電気が引き込まれて管制室を使用できるように作業中
タービン室内に高濃度の放射線を含む水がたまっており除去作業中
附近から微量のプルトニウムが検出
ひとまず外部消防用ポンプを使用して海水を循環、冷却中
それでも冷却能力がたらない場所は、別手段での冷却方法(放水車等)を確保
表面温度は100度以下に保たれている
炉内の温度は、規定値より高いがそれでも400℃程度で収まっている

と、こんなところでしょうか?

黒猫は、やはりコア内で炉心融解(メルトダウン)が起こっていた疑いが濃厚であると思っています。
それを思わせる状況が散見されていますので。
当然のことながら、炉心融解(メルトダウン)が起こっていたという想定の元、作業されていると信じております。
ただし、現時点では現場の奮闘により再臨界を起こす事態までに、コアキャッチャー内の融解物がたまる事は避けられていたと。

再臨界を恒久的に避けるためには、安定停止状態になるまで冷却を続け、放射線量が落ち着いてから燃料棒、融解物を除去しなければならずこれには相当な時間を要するでしょう。
それに、どこまで作業できるのかという問題もありますし。

現時点でコンクリートで埋めてしまえ、という人も居ますが、これはチェルノブイリとは異なり、現在も制御棒により抑制されているとはいえ発熱を続けている燃料棒がコア内にありますので、再臨界を誘発させ恐らく爆発し、より大量の高濃度の放射線物質を周囲に撒き散らすだけに過ぎません。
残念ながら、現在の方法を続けるしかないでしょうね。

とはいえ、現在はコアの冷却手段を複数確保しており、より効率よく安定的に冷却する手段に切り替える方法を確保しようと努力を続けられている状況です。

安心はまだまだ出来ませんが、ひとまず小康状態だと認識しています。
ただしこれも残念な事ですが、この状態のまま暫く続くと思われます。

よって、少しずつではありますが、こちらのブログも再開させていただこうと考えています。
深刻な話が続く昨今、少しでも気を紛らわす事ができれば幸いです。

交通網も回復しつつあり、物資が徐々に届くようになったと聞いております。
被災地の方々、少しずつ、少しずつでも良くなっていく事をお祈り申し上げます。
そして、原発事故の最前線におられる方々、頑張ってください。

拍手[2回]

東日本大震災に

地震がおきてから暫くたってしまいました。
このような時ですので、震災前にいくらか回った箇所もあるのですが、記事にするのは止めています。

3月11日に発生して以降、黒猫も事態がどのように推移するか注視しているところです。

黒猫は兵庫県南部地震の際、兵庫県の西宮市で被災した身ですので、人事とはとてもとても。
まだ暫くは大変な時期が続くかと思いますが、現地の方々の状況が少しづつでも好転することを望みます。

原発の事故の方も、少しずつ光明が見えつつあるようで。
そちらが一段落するまで、こちらのブログの更新は控えさせていただこうと思っています。

被災地の方々にとっては無責任な言い方になってしまうとは思いますが、少しづつでも好転するようお祈りしています。

拍手[0回]

今までの場所をマップ上で見れるようにしてみました。


より大きな地図で 大阪近郊妖怪・伝承地図 を表示

便利そうなので今後活用してみるようにしてみます。

拍手[1回]

プロフィール

HN:
黒猫
性別:
男性
趣味:
自己紹介:
妖怪と酒を愛する一男一女の父。
昨今、文献漁りも行っているが、昔の人の書が達筆すぎて苦心中

 

最新コメント

[10/26 NONAME]
[05/06 yucca]
[04/05 ローズ]
[01/09 エッさん]
[11/15 黒猫]

 

ブログ内検索

 

カウンター

 

バーコード

 

アクセス解析